eyecatch

コンピテンシーとは…

「仕事ができる人の行動/行動特性」です。コンピテンシーカードを活用し、その事業所オリジナルコンピテンシーを作成します。作成は、事業所で働いている全員で行います。その事業所の業績を上げている行動ノウハウを全員で共有し、実践することこそが、業績アップ・組織活性化への一番早い近道です。

そしてその効果は?

自ら率先して
仕事をするようになる

仕事にやりがいが
生まれる。

人材が定着する。
採用経費が削減される。

職場のノウハウが蓄積・
共有される。

顧客満足・
従業員満足が上がる。

業績が向上する。

コミュニケーションが
活発になる。

職場のヒト・組織の活性化 職場のノウハウの共有化、
従業員満足、顧客満足に関する悩みを解決します!

人材・組織の教育では、従来の発想とは逆転の発想です!

従来は…

  • ①人事制度を導入
  • ②教育研修
  • ③運用がうまく行かない
  • ④ヒトが育たない
右矢印

逆転の発想では…

  • ①コンピテンシー教育研修
  • ②半年~1年で浸透
  • ③必要であれば人事制度
  • ④コンピテンシーのメンテナンス

まずは教育研修で職場の仕事ノウハウを共有し人材を定着させます

処遇改善交付金制度を利用して、人事制度を導入した事業さんも多いことと思います。
また、これから何かしらの制度を導入しようとお考えの事業さんも多いでしょう。
また、人材の教育が思うようにいかない、
人材が定着しないというお悩みもあると思います。

人事制度は、導入したからといってすぐに運用できるわけではありません。
むしろ失敗に終わる事例の方が多いように思います。
ですから「逆転の発想」が必要になるのです。
まずは、コンピテンシーを教育研修で導入し、一定期間浸透させてから、
例えば評価制度に盛り込むという流れだとスムーズに制度が運用されるのです。

セミナー

さらに
お得

介護専門社労士による経営労務・人事顧問契約をしていただくと、 全てのサービスで顧問価格(10%割引)が適用されます。

経営労務・人事の相談、助言、指導には定評がある当事務所と一緒に、「従業員が成長を感じることができて、会社に満足しながら働ける環境を共に創っていきませんか!!」お困りごとは、まずはご相談ください。顧問先様に対しては、あらゆる人脈を駆使して、問題解決の糸口を探ります。

複雑で面倒な助成金は苦手の事業所も多いです。なにより情報を知らない方が大半なのです。残念ながら知っている人だけが得をする仕組みになっています。

介護業界に詳しい社労士だからこそできる「助成金くっつけノウハウ」全部お伝えします! また、労務管理で困っている事業所さんは、人事労務顧問制度をご利用ください。労働法務に強い社労士が完全バックアップいたします。

ベアーズ 業務のご案内

1.いつでも相談できる窓口が欲しい。中小企業に適した教育研修がしたい。助成金を狙いたい。

種別 料金〈税別〉 提供サービス内容
人事労務顧問 従業員数(役員含む)人
1~4・・・・・20,000円~
5~10・・・・30,000円~
11~25・・・40,000円~
26~40・・・50,000円~
41~50・・・55,000円~
51~60・・・60,000円~
61~70・・・70,000円~
①人事労務の相談・アドバイス(随時)
②採用、人材教育研修のアドバイス
③労働社会保険手続き
④36協定の作成と更新
⑤助成金の最新情報の提供
⑥助成金ガイドブック進呈
⑦月1回程度の定期訪問
⑧最新情報を送る事務所通信配信
⑨顧問割引適用(中小企業の人材教育研修の割引)
相談顧問 10~50・・・30,000円~
51~200・・50.000円~
①人事労務の相談業務
②法律実務のアドバイス
③助成金、最新法令情報
プチ顧問 月額・・・4,200円 月1回電話、メール相談 割引適用なし

2.給与計算の煩わしさから解放されたい。経費を削減したい・・・   

種別 料金〈税別〉 提供サービス内容
給与計算 従業員数(役員含む)人
1~4・・・・・15,000円~
5~10・・・・20,000円~
11~20・・・35,000円~
21~30・・・45,000円~
31~40・・・55,000円~
①給与計算
②給与データ送付

※算定、年度更新、賞与計算、年末調整は別
途費用が掛かります。
※初期設定費用が掛かります。

基金訓練【求職者支援法】をご存知ですか?

事業主が失業者に対して教育訓練を実施し、就職させる技術を身に付けさせ、失業対策に貢献する事業です。

企業は訓練奨励金が支給されます。また受講生には、10万円~12万円の生活給付金が支給されます。うまく使えば、優秀な人材を自社に入社させることも可能です。

新規成長・雇用吸収分野等訓練コースの場合
受講生30名×訓練期間3ヶ月×年間4教室×受講生1人当たり6万円=2160万円

人材教育という新しい事業を始めて良いくらいの金額が入ります。

認定計画から申請